CONCEPT

日々の生活をより豊かで充実したものにする為ために、1軒のカフェを創ることから大規模な都市計画まで「同じ視点で開発する事 = プロデュースコンセプト」が大切だと考えております。そのため、私たちは、そこに住む人、働く人、集う人それぞれの「Style = スタイル」を重視し、「World = 世界中の」様々な事象や「Play = 遊び・楽しみ」を通じた体験からアイデアエッセンセンスを得て、プロジェクトを構築していきます。

In order to live a daily life what was richer and substantial, the "developing from same viewpoint = producing concept" thinks that it is important from making the cafe of one house to large-scale city planning.
Therefore, we think as important the "Style = style" of those who live there, those who work, and each those who gather, get an idea sense from experience which led various phenomena which "are World = world", and "Play = play and pleasure", and build a project.

Style is principle

街の“Style”をつくる、暮らしの“Style”をつくる。

私たちが、街や商業施設の新業態、あるいは企業ブランディングなどをプロデュースする場合、そこにある生活・歴史などを考察し、それに沿った「Style」をつくっていきます。「Style」こそ私たちの主義であり、新潮流を生み出していくための活力源なのです。

In producing the town, commercial institution or new type of operation, we make a good consideration of develpment technique, viewpoint and originality of them to make a style. Style itself is our philosophy, and saurce of vitality to make a new trends.

No play, No work

遊び = 体験すること。

遊ぶことの中にはたくさんの学びがあります。たくさんの“学び”を通して、普段の仕事ではない側面からいろいろな体験をすることは、結果的に消費者の視点に立って物事を見ることのできる重要なことだと考えています。

There are lot to learn in playing. To experience from out ob routine works through playing, in quite important and change our view into consumaer´s.

Experience the world

愉しく暮らすための“Style” = “知恵”は世界中にある。

世界には愉しい街や風景、店がたくさんあり、そこには必ず「Style」が存在します。世界を見て、触れて、食して、実際に体験して得たヒントを、いろいろなことに応用し、活かしています。

One lovely town, shop, or scenery has its own style, we put tips that we experienced through seeing, touching, eating of the world into practice to make a style.